マネーフォワードで働く人達

94
Uターン転職を実現した、福岡&京都拠点の2人にインタビューしてきたよ!

Uターン転職を実現した、福岡&京都拠点の2人にインタビューしてきたよ!

マネーフォワードには、福岡、京都、大阪と東京以外にも国内に開発拠点が複数あります。2021年11月まで実施予定のエンジニア・デザイナーの方向けの福岡・京都・大阪への「UIターン費用サポートキャンペーン」を始めたところ、なんと2名のUターン希望の方がマネーフォワードに入社を決めてくれました。 本日は京都拠点、福岡拠点にUターン転職してきたエンジニアメンバーに、当時のお話や転職時の思いをインタビューしてきました。 ■登場人物 ・平山いずみ:3月にサーバーサイドエンジニアとしてジ

25
【マネフォの人々】新米UI/UXデザイナーとしてチャレンジし続けた1年を振り返る|片倉 敦也

【マネフォの人々】新米UI/UXデザイナーとしてチャレンジし続けた1年を振り返る|片倉 敦也

マネーフォワードで働く人を人事が紹介していく「マネフォの人々」。 今回は、法人向け新規プロダクトのメインデザイナーを務める片倉さんに話を聞きました! 2020年に新卒入社し、現在は2021年中にリリース予定の新規プロダクトのUI/UXデザインを担当している片倉さん。コロナ禍のなかで迎えた入社から今まで、どのようなチャレンジをしてきたのかを振り返ってもらいました。 プロフィール 片倉 敦也さん 2020年新卒入社。 大学時代は芝浦工業大学デザイン工学部プロダクトデザイン領域

29
知的障害がある弟にとってのお金のデザインを考える

知的障害がある弟にとってのお金のデザインを考える

ちゅうさんです。 私には3つ歳の離れた26歳の弟がいます。正社員として介護施設の清掃員スタッフをしており、毎日モリモリ働いています。 彼には、【知的障害】があります。両親を含め、家族では特に隠したりはしておらず、基本的にはオープンにしています。この記事を書くことにも、「身近に見てきたあなたが書くことに問題はないよ😉」と言われたくらいです。 ふと親と弟のお金の話になったのをきっかけに、知的障害のある弟にとってのお金のデザインとはなにかを考えてみます。 少しでもデザインの

101
社内異動したデザイナーと話して気付いた「Money Forward X本部が大事にしていること」

社内異動したデザイナーと話して気付いた「Money Forward X本部が大事にしていること」

金融機関をはじめとするパートナーと共に、 新たな金融サービスを創出するMoney Forward X本部(以下:X)。今回も、デザイナーの方に焦点を当て、デザイン部の部長である菅井と、社内の別の部署からXに異動してきたばかりの阿部に話を聞いてきました。 Xについてはこちら ■登場人物 菅井 雅人:2016年1月入社。Money Forward X本部 UXデザイン部 部長。 阿部 千那:2019年5月入社。Money Forward X本部 UXデザイン部 UIデザ

19
クライアントとの「共創」を実現するために役職・職種をこえたフラットなコミュニケーションを~MoneyForward X本部デザイナーインタビュー~

クライアントとの「共創」を実現するために役職・職種をこえたフラットなコミュニケーションを~MoneyForward X本部デザイナーインタビュー~

金融機関をはじめとするパートナーと共に、 新たな金融サービスを創出するMoneyForward X本部(以下:X)。今回は、「Xについてまだよく知らない」という19年4月新卒入社の影山(わさび)が、部署の雰囲気や仕事の進め方についてXのデザイナーにインタビューしてきました。 Xについてはこちら ■登場人物 佐藤 忠輔:19年9月入社。UXデザイナー。Money Forward X本部 UXデザイン部 MFSDグループ 楊 崇志:20年2月入社。UIデザイナー。Mone

29
代表の辻とデザイナーで考える経営×デザインについて

代表の辻とデザイナーで考える経営×デザインについて

こんにちは。採用PRの大崎です。 先日お伝えしたとおり、当社では株式会社THE GUILD の深津貴之氏とともに始めている新しいプロジェクトが進行中です。 このプロジェクト(以下「新規プロジェクト」)を進めていく中で、ある日、代表の辻が「デザインをもっと理解していきたい!」とポツリ。そのために、まずは社内のデザイナーとデザインについて語り合おう!となりました。 ■話し手 代表 辻 庸介(写真後列左)  PFM 本部 武藤 篤司(写真後列右) マネーフォワード X本部 佐々

52