マガジンのカバー画像

マネーフォワードで働く人達

140
年齢も職種もさまざまなメンバーが、どんなことを考え、仕事やサービスとどう向き合っているのかをお伝えします。
運営しているクリエイター

記事一覧

技術広報は「旗振り役」/マネーフォワードエンジニア組織活性化の取り組み

こんにちは!マネーフォワード広報部の田淵です。  突然ですが、みなさん「技術広報」という仕事をご存知ですか? マネーフォワードには、エンジニアの技術を社内外に発信する技術広報専任の心強い担当者がいます。  インタビューで分かったのは、技術広報とは「旗振り役」だということ。「旗振り役」とは一体どういうことなのか、技術広報のluccaさんとVPoEの渋谷さんにインタビューをしてきました。 技術広報としての困難や、発信に悩む方向けのアドバイスも話してくれていますので、特に以下

スキ
29

マネーフォワード広報部ってどんなところ?どんな人が向いている?W(ダブル)広報部長に直々に聞いてみた!

こんにちは。マネーフォワード広報部の恒光です。 マネーフォワードの中にはさまざまなプロダクトや、多様な社員、ユニークな取り組みがありますが、それを社外の皆さまに知っていただくには広報の力が必要ではないでしょうか! 今回は、コーポレートコミュニケーション室(広報部)の部長陣にインタビューをしました。 マネーフォワードの広報に興味がある方や、広報の働きぶりを覗いてみたい!という方におすすめの内容となっております! メンバー紹介 W広報部長、それぞれの入社のきっかけは?

スキ
29

マネーフォワードVPoEが語る「新卒エンジニアが活躍する組織づくり」

2017年から本格的に新卒採用を開始し、すでに約100名の新卒入社のエンジニアが活躍するマネーフォワード。 その中でも、多くのメンバーが、開発はもちろん、チームマネジメントやテックリード、事業部CTO、国内外の開発拠点の立ち上げなどに挑戦しています。 そんなメンバーに話を聞くと、「キャリアを相談して道が開けた」「意外なキャリアパスを提案されたが自分にピッタリだった」「チャレンジを後押ししてくれた」など、VPoE(Vice President of Engineering)

スキ
44

マネーフォワード福岡で実現!“スキルとQOL、どちらも手にする働き方”とは?~福岡拠点・女性開発メンバー座談会~

こんにちは!マネーフォワード広報部の恒光です。 今回は、マネーフォワード福岡開発拠点の3名に、各々のキャリア遍歴や日々の仕事の様子などをインタビューをさせていただきました! 3人の共通点は全員女性で、かつマネーフォワードのプロダクトを支えるエンジニア、あるいはデザイナーであるということ! 特にエンジニアは、全国的にみて男性のほうが未だ圧倒的に多い職種ですし、多様な働き方の選択肢は東京に集まっている、という現状もあります。 そんな中、マネーフォワード福岡開発拠点で日々働

スキ
29

日本の企業をもっと強くしたい。マネーフォワード、組織英語化への挑戦

マネーフォワードのエンジニア組織は、2024年度中に公用語の英語化を目指しています。 英語化に向けた取り組みは既に始まっており、マネーフォワードでは現在約20カ国以上のメンバーが働いています。そして、エンジニア組織におけるNon-Japanese(外国籍)メンバーの比率は2021年11月末時点で31%になりました。 英語化の波の中、社内で第1弾として既に英語で開発を行っているチームがあります。今回は英語化組織Team Nikkoを立ち上げた小牧さんにインタビューを行いまし

スキ
87

【入社エントリ】将来の夢は歌って踊れる広報担当!PR会社からマネフォに転職した今、思うこと。

あいさつ はじめまして! 2022年7月からマネーフォワード広報部に所属している、恒光美里(つねみつみさと)です。 入社から2ヶ月が経ち、改めて自分がマネーフォワードに入社したきっかけや、働きながら感じていることを書きたいと思います。 「社会人生活に慣れたぶん、将来のことに思いを馳せることが増えた」 「企業の広報担当ってどうやってなれるのか知りたい」 「ズバリ私もPR会社で働いています!」 特にそんな方々に読んでいただければと思います。 経歴 2019年4月~20

スキ
63

福岡(マネーフォワード)で働いてみないか?〜東京から福岡に移住してQOL爆上がりした話〜

こんにちは。マネーフォワード福岡開発拠点でエンジニアの小林です。 マネーフォワード福岡開発拠点への転職をきっかけに、福岡で暮らし始めて感じたよかったことをお伝えできればと思います。 「福岡どうなんだろう」、「福岡に戻って暮らしたい」という方にとって、少しでも参考になればうれしいです。 福岡へ移住を決めた理由出身は九州ですが、マネーフォワードに転職する前の職場は東京でした。 機械系技術者からエンジニアへのキャリアチェンジが東京暮らしのきっかけです。 住み始めたはいいもの

スキ
67

安心して飛び込んで!福岡開発拠点のリロケーションサポート活用事例

こんにちは!マネーフォワード広報部の矢頭です。 突然ですが、マネーフォワードでは「リロケーションサポート」というキャンペーンを期間限定で実施していることをご存じでしょうか?これは2021年12月から2022年11月までの期間、エンジニア・デザイナーを対象に福岡・京都・大阪・名古屋・東京へUIターン転職でのご入社後に一律 50万円 (税引前)を支給するものなんです。 ※詳しい条件などは以下の記事をご参照ください 今回、リロケーションサポートを活用して福岡開発拠点にジョインし

スキ
22

Money Forward Vietnamで実現したい、組織とメンバーの ”Opportunities”

こんにちは。6月よりMoney Forward Vietnam (以下、MFV) のCEOに着任しました、永井です。 このたび、2018年8月の設立時から4年の間CEOを務めてきた都築さんが日本に帰国することになりました。そのあとを私が引き継ぐことになったので、あらためてこのタイミングで、MFVのことや自分のMFVへの想いなどを知っていただけたら嬉しいです! 入社時の想いと、これまでMFVで取り組んだこと 私は2021年1月にMFVに入社しました。以前からマネーフォワー

スキ
77

掴み取った幸運やいただいた恩は、仕事を通して他の誰かに分けたい。熱い想いで考える名古屋拠点でのチャレンジ

今年1月に名古屋にオープンした、マネーフォワードの新しい開発拠点。オープンのタイミングでマネーフォワードにジョインし、新規事業のプロダクト開発を行う山中さんにインタビューしました。 名古屋で生まれ育った山中さんが考える、これからの名古屋と、名古屋でのキャリアを考える人たちへの想いが溢れる素敵なお話しです。 ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 学生時代は建築に没頭していた。最初の偶然が運命の出会いにー それでは早速ですが、これまでの経歴を教えてください。今はエンジニアのキャ

スキ
36

彼女の「人生の課題」を解決したい。信頼と尊敬から広がるキャリアの可能性【マイリファラルストーリー】

マネーフォワードでは「GOEN採用」と名付けたリファラル採用を実施中です。そんなGOEN採用で入社した社員へのインタビュー【マイリファラルストーリー】。 今回は、エンジニアリングマネージャーとして活躍する小沼さんが、前職で毎回担当プロジェクトに呼ぶほど信頼していた松元さんを誘ったお話。小沼さんは、GOENの理由を「業務だけではなく、松元さんの人生の課題を解決したかったから」と話してくれました。 お互いを心から信頼し、大切に思っていることが伝わる素敵なストーリーです! ■

スキ
64

新卒メンバーから見た、マネーフォワードの文化

楽しかったGWも終わり、気持ちがいい季節がやってきました。今年度も、マネーフォワードグループでは、多くの新卒メンバーを迎え入れました。多くの優秀なメンバーが、当社を選んでくれたことを誇りに思うとともに、社会人のはじめの一歩が当社でよかったと将来的に思ってもらえるように、メンバーの可能性を引き出す多様な成長機会、チャレンジを数多く創出していきたいと思います。 今年も早速、新卒メンバーとセッションを行いました。 (新卒メンバーのセッションについては、よろしければこちらのnote

スキ
122

人事からPeople Forwardへ、一年半のアップデート。

2020年の12月に、マネーフォワードの人事本部はPeople Forward本部へと名前を変えました。これまで別々だった「人事」と「カルチャー醸成」を一体化し、より従業員体験に重きをおいた活動を目指しています。 発足から一年半。全社の組織拡大の波に揉まれて、このあいだにも度重なるチーム編成の変更などがありましたが、People Forwardにどのようなアップデートがあったのか、カルチャー担当の自分がまとめてみます! 「人と組織」への向き合い方の変化 People Fo

スキ
103

データ組織横断で考えるマネーフォワードのデータ活用の未来

こんにちは!マネーフォワードの吉住です。 マネーフォワード データ組織の公式noteとマガジンが、2022年4月より発足しました!データ分析事例やデータ組織の取り組みを発信していきます! マガジン第一弾はデータ組織の対談です!昨年12月からデータ組織横断でデータ戦略についてディスカッションをしてきました。この記事では、戦略ディスカッションに参加したメンバーと対談で振り返りながら、マネーフォワードにはどんなデータ組織があり、どんな課題と向き合っているのか、どんなデータ活用の

スキ
51