マネーフォワードが考える未来

41
「いつのまにか貯金」「ボタン1つで支払い処理」という便利な世の中へ~設立1周年を迎えた ”Money Forward Lab” の「これまで」と「これから」~

「いつのまにか貯金」「ボタン1つで支払い処理」という便利な世の中へ~設立1周年を迎えた ”Money Forward Lab” の「これまで」と「これから」~

 データの利活用によりお金に関する不安や課題の解決を目指すMoney Forward Lab(以下、Lab)が、設立から1周年を迎えました!新たな技術顧問として慶應義塾大学の星野教授が就任し、5月21日には設立1周年発表会も実施しましたので、改めてこの1年でどのような研究をしてきたか、また今後の展望などについてお伝えします。 「わかっちゃいるけど貯められない」悩み解決のため、今後「ナッジ」を活用  例えば「お金の大切さは知っているけど貯められない」といった悩みを抱える個人

スキ
28
少し先の未来を可視化して、ユーザーのお金に対する課題や不安を解決したい!~“Money Forward Lab”設立の想いを語る~

少し先の未来を可視化して、ユーザーのお金に対する課題や不安を解決したい!~“Money Forward Lab”設立の想いを語る~

3月6日(水)に、ユーザーのデータを利活用することにより、少し先の未来を可視化する研究所“Money Forward Lab”(以下「Lab」)の設立を発表したマネーフォワード。実は、設立に至るまでには様々なディスカッションとチャレンジがあったようです。今回はLabの設立をリードした二人に、Lab立ち上げの経緯と今後の展開について、お話を聞いてきました! ■話し手 取締役執行役員 CTO 中出 匠哉(トップ写真左)  Money Forward Lab所長 北岸 郁雄(トッ

スキ
26