マネーフォワードの日々

131
「お金を稼ぐってどういうこと?」子どもたちと一緒に、”お金”について考えてみた
+13

「お金を稼ぐってどういうこと?」子どもたちと一緒に、”お金”について考えてみた

こんにちは!マネーフォワード広報の石田です。 少子高齢化の進展により、国の公的年金制度は厳しい状況にあり、一人一人が将来に向けて資産形成を行うことの必要性が高まっています。そのような中、2022年度から高校の家庭科の授業で「資産形成」の観点が新たに加わるなど、今後、家庭でも子どもの金融教育について考える機会が増えると予想されます。 しかし、実際には「お金について子どもにどう教えたらいいのか分からない」「お金のことを聞かれても、正しく教えられるか不安」など、悩まれている方も

スキ
18
対等な関係づくりが成功の秘訣!?M&Aでスタートアップを応援するということ
+5

対等な関係づくりが成功の秘訣!?M&Aでスタートアップを応援するということ

こんにちは!マネーフォワード広報部の田淵です。 みなさんはM&Aについてどんなイメージがありますか?私は漠然と「身売り」や「敵対的買収」のイメージがあって、ちょっとだけネガティブに感じていました。 しかし、先日開催した「イノベーションを創出するスタートアップのM&Aの最新トレンドとPMI成功の秘訣」というオンラインイベントを通じて、M&Aは事業や人材へのシナジー効果などたくさんのプラス効果が期待でき、スタートアップを次のステージに成長させるために有効な手段だったことを学び

スキ
30
横浜F・マリノス×マネーフォワード
2021シーズン前半まとめ
+7

横浜F・マリノス×マネーフォワード 2021シーズン前半まとめ

マネーフォワードは横浜F・マリノス、アビスパ福岡、北海道コンサドーレ札幌とパートナー契約を結んでいます。それぞれのクラブに担当者がいて、日々アクションしています。こちらの記事では、横浜F・マリノス担当が2021年前半に行った主な施策をまとめました! マネーフォワードはサッカーパートナーシップのコンセプトを次のように掲げていて、すべての施策をコンセプトに紐付けています。 開幕以前の施策は上記の記事にまとめてあるので、興味を持ってくださった方はぜひご一読いただければと思います

スキ
150
三菱UFJ銀行との合弁会社設立に向けて

三菱UFJ銀行との合弁会社設立に向けて

先日、マネーフォワードは、三菱UFJ銀行様との合弁会社である 株式会社Biz Forward 設立に向けた合弁契約締結を発表しました。 株式会社Biz Forwardの目的は「中小企業のお客さまの資金需要に対する新たな金融サービスの提供」 2021年内を目途に ①中小企業のお客様向けのオンラインファクタリング事業 ②三菱UFJフィナンシャル・グループの法人のお客さまを主な対象とした請求代行事業 の2事業を開始すべく、まさに動き始めたところです。 マネーフォワードからは、

スキ
56
スポーツパートナーシップにおける 「社員のみんなとスタジアム観戦する価値」

スポーツパートナーシップにおける 「社員のみんなとスタジアム観戦する価値」

マネーフォワードは横浜F・マリノス、アビスパ福岡、北海道コンサドーレ札幌とパートナー契約を結んでいます。それぞれのクラブに担当者がいて、毎試合社内メンバーと一緒に観戦しているのですが、「社員のみんなと観戦すること」にどんな価値があるのか。横浜F・マリノス担当者の自分が、感じていること・考えていることをまとめてみました! スタジアムで体験する非日常感スタジアムのワクワク感はテーマパークのようだな、と思っています。スタジアムまでの道のり、着いた瞬間の賑わい、広場で開催されるイベ

スキ
107
「『うれしい』体験を届けよう」は強い悲しみから生まれた

「『うれしい』体験を届けよう」は強い悲しみから生まれた

マネーフォワードでは半期ごとに「スローガン」を発表しています。前回のスローガンは「BEYOND●●!(●●を超えて行こう)」、過去には「やり切る!!」「まず、動け。」などを選んできましたが、今年6月からの半期のスローガンは『「うれしい体験」を届けよう』にしました。 スローガンを選ぶようになったのは2017年上期からなので、今回の『「うれしい体験」を届けよう』はちょうど10番目のスローガンに当たります。 当時から、半期に一度メンバー全員が集まる総会を開催していましたが、僕た

スキ
156
「失敗を語ろう。」 菅藤達也 編
+3

「失敗を語ろう。」 菅藤達也 編

このnoteは、マネーフォワード代表辻の「失敗を語ろう。「わからないことだらけ」を突き進んだ僕らが学んだこと」の出版に合わせた、公式スピンオフ企画です。 ということで、深く考えずにこの企画に手を挙げてしまったところ、編集部に〆切を提示され、しばらくプレッシャーと戦い続けてきましたが、ようやく重い筆を取りました。 ぼくが起業した頃の失敗談をふたつお話ししますね。ひとつめは「アポは取らなきゃダメだよ」という話、ふたつめは「先走りすぎると後でたたむのが大変だよ」という話しです。

スキ
53
「失敗を語ろう。」スマートキャンプ林編

「失敗を語ろう。」スマートキャンプ林編

このnoteは、マネーフォワード代表辻の「失敗を語ろう。「わからないことだらけ」を突き進んだ僕らが学んだこと」の出版に合わせた、公式スピンオフ企画です。 こんにちは、スマートキャンプ代表取締役社長の林です。 今回マネーフォワードグループ代表の辻さんが書籍出版されるということで、私達も失敗を語っていこうとこの企画がスタートしました。 私も数え切れないほど失敗をしてきていますが、古橋がスマートキャンプの事業である『BOXIL』での失敗経験をお伝えしたので、私は前職での失敗をシ

スキ
35
“関わりたい”と思う社員総会に!
グループをこえてプロジェクト化した背景。

“関わりたい”と思う社員総会に! グループをこえてプロジェクト化した背景。

私たちは、半年に一度マネーフォワードグループ全社員が参加する「グループ半期総会」を行っています。オンラインでの開催も3回目!今回は”全社プロジェクト化して色んなメンバーに関わってもらう”という新しいトライがあったので、その背景や工夫したポイントをまとめてみました。 総会の全体像 その前に....今回の総会の内容をさらりとご紹介します! まずは印象的だったトピックスを中心に上期を振り返ります。 (東証一部上場や新しい事業の取り組みなどを発表いただきました) その後、Cx

スキ
67
「失敗を語ろう。」 マネーフォワードベトナム都築編

「失敗を語ろう。」 マネーフォワードベトナム都築編

このnoteは、マネーフォワード代表辻の「失敗を語ろう。『わからないことだらけ』を突き進んだ僕らが学んだこと」の出版に合わせた、公式スピンオフ企画です。マネーフォワードグループのみんなで、各社それぞれの失敗を語って辻の出版を盛り上げていきたいと思います! 東京から約4300km。ベトナム、ホーチミンシティにマネーフォワード初の海外拠点「Money Forward Vietnam(以下MFV)」があります。 MFVの代表は、マネーフォワード創業メンバーのひとり、都築(ニック

スキ
61