7周年

マネーフォワード公式note、リニューアルします

マネ―フォワード広報部です。
2018年12月よりnoteを運用してきましたが、わたしたちがnoteでどんなことをお伝えしていきたいのかを整理し、本日リニューアルを行いました。

マネーフォワードは、2012年に6人で始まった会社です。
創業前、アメリカ東海岸にいた辻(取締役社長CEO)と西海岸にいた瀧(取締役執行役員 マネーフォワードFintech研究所長)のSkypeでの会話から、すべてがスタートしました。当時、辻はマネックス証券からペンシルバニア大学に、瀧は野村證券からスタンフォード大学に留学中。「テクノロジーをつかってお金の課題を解決したい。もっとチャレンジできる社会を作りたい。」という共通の想いを抱いていた2人は、知人を通じて知り合い、意気投合。以来、毎週のように、東海岸と西海岸でSkype会議を行い、アイデアを出し合っていたそうです。

日本に帰国した後「新しいサービスを作りたい」という想いはさらに大きくなり、その想いに共感した創業メンバー達がジョインしました。

意気揚々とスタートしたマネーフォワードでしたが、最初に出したサービスは全く使われず、すぐにクローズ…。暗黒の時代を経て、現在の『マネーフォワード ME』が生まれました。

(創業間もない頃の写真)

2012年、6人でスタートしてから、現在では社員数は500人を超え、会社はどんどん大きくなってきています。創業当時と比べるとあらゆることが変わりましたが、その中でもずっと変わらないのが「マネーフォワードのミッション」です。


「お金を前へ。人生をもっと前へ。」

マネーフォワードのミッションにこめられているのは、お金の課題だけを解決して便利にすればよいということではなく、“その先の人生や社会がよりよいものになるところまでが提供したい価値”だという想いです。

公式noteでは、「どう人生を前に進めるのか」「どんな社会にしていくのか」「そのために何が必要なのか」、マネーフォワードではたらくメンバーのストーリーに触れていただき、ミッション実現に向かう私たちの思いや価値観を感じていただけたらいいなと思っています!

そこで、マガジンは、以下の3つに。

(1)マネーフォワードの日々
総会やEXPOなど全社規模のイベント、部活動やランチなどの社内の様子、各拠点の出来事などをお伝えします。

(2)マネーフォワードで働く人達
年齢も職種もさまざまなメンバーが、どんなことを考え、仕事やサービスとどう向き合っているのかをお伝えします。

(3)マネーフォワードが考える未来
ミッション実現のために、どんな世界をつくり、未来に向かって何をするのか。私たちの取り組みや経営陣の想いなどをお伝えします。

マネーフォワード公式note、これからどうぞよろしくお願いします!



この記事が参加している募集

自己紹介

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!公式Twitterで毎日マネーフォワード最新情報を発信していますので、もしよければフォローをお願いします!

【大吉】大丈夫。お金は使った分だけ返ってくる。
24
「お金を前へ。人生をもっと前へ。」をミッションに掲げる株式会社マネーフォワードの公式note。日々の出来事、働くメンバーによる発信、サービスに対する想い、将来のビジョンなどを発信しています。https://corp.moneyforward.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。