マネーフォワードで働く人達

111
新米POが立ち上げた輪読会は、孤独なPOが頑張るための拠り所だった

新米POが立ち上げた輪読会は、孤独なPOが頑張るための拠り所だった

「どんなに1週間が忙しくても、僕にとってこの輪読会はよいプロダクトづくりに励む仲間の存在を感じます。だからこそ、輪読会は心落ち着く時間であり場所なんですよね」 「単なる本のインプット以上に、コミュニティのような安心感、そして自分への問いと向きあう貴重な機会です」 そう語るのはプロダクトオーナー(PO)2年目に突入した杉浦と、今年の5月にPOになったばかりの後藤です。PO輪読会とは、この2名が立ちあげた社内勉強会の1つで、プロダクトマネジメントに関わる書籍を月1冊のペースで輪

スキ
24