マガジンのカバー画像

マネーフォワードの日々

156
総会やEXPOなど全社規模のイベント、部活動やランチなどの社内の様子、各拠点の出来事などをお伝えします。
運営しているクリエイター

#キャリア

あらゆる人が孤立したり排除されず、適切なステップでキャリアを描くことを目指す「インクルーシブコース」制定の話

株式会社マネーフォワードは、メンバーの可能性を引き出す、多様な成長機会を作るべく、「Talent Forward(社員の可能性をもっと前へ。)」を掲げています。 直近では、マネーフォワードにおける「家族」の再定義を行い、社内規定における 「結婚」の定義に、事実婚(※1)や同性婚(※2)を含む 「子供」の定義に、嫡出子だけでなく養子を含む ことを決定したり、時短勤務を希望するメンバーが、フレックスと同様の柔軟性をもった働き方を選択できる「時短フレックスタイム制」を導入し

スキ
29

社会人4年目デザイナーがやりたい仕事をし続けるために大切にしていること

こんにちはマネーフォワードの稲毛です。 2017年の4月にtoC向けサービス「マネーフォワード ME」のデザイナーとして新卒入社しましたが、今年の5月にtoB向けサービス「マネーフォワード クラウド」の中小企業向けの集客を担当する部署へ異動になりました。 toCからtoB事業の社内転職となり、大きな変化だったので、社会人4年目のこれまでと、その中で大切にしていたことを書いていきたいと思います。 🙋‍♀️ このnoteはこんな人におすすめ ・社会人2,3年目のデザイナー

スキ
251

社員の”Will”を応援する、マネーフォワードの社内公募制度「MFチャレンジシステム」。

マネーフォワードでは2017年から、社内公募制度「MFチャレンジシステム」を実施しています。 現在2020年度2回目となるMFチャレンジシステムの公募を進めている真っ最中なのですが、今回初めて私、人事本部の村田が本制度の運営事務局を担当したので、運営側の想いや現時点の振り返りをまとめることにしました。 MFチャレンジシステムとは グループ会社も含めた全部署からポジションを募り、応募した社員と部署のマッチングを実施して社内異動を調整していく仕組みで、一般的に「社内公募」や「ジ

スキ
58