マガジンのカバー画像

マネーフォワードの日々

156
総会やEXPOなど全社規模のイベント、部活動やランチなどの社内の様子、各拠点の出来事などをお伝えします。
運営しているクリエイター

#パブリックアフェアーズ

Fintech研究所 × Money Forward Lab ~社会をForwardする2つの研究組織~

マネーフォワードには、実は2つの研究所が存在します。 1つは、Fintechに関する調査研究やパブリック・アフェアーズ(以下「PA」)などの活動を通じて制度的改革を担う「マネーフォワード Fintech研究所」、もう1つはテクノロジーとデータの力でユーザーのお金にまつわる課題を解決する研究開発組織「Money Forward Lab」です。 社内での役割は違えど、同じ「研究所」を冠する2つの組織 ー そこで、それぞれの所長を務める2人が、スタートアップが研究所を構えることの

スキ
28

役割を作って、役目を果たす

芝浦のカモメ私は会社から徒歩8分の芝浦の一角に住んでいるのですが、お台場を臨む窓からの景色を気に入っています。リモートワークが始まるまでは気付かなかったのですが、たまにカモメが上昇気流を掴んで高度を上げていく姿に気づきます。小さな身体がくるくると舞い上がって、汐留の方向へと飛んでいく姿はとても気持ちのよいもので、ぼうっと見入ることもしばしばです。 上昇気流は、理論的には分かっていても、見えないだけに直感的に理解することが難しい存在です。ある朝カモメに生まれ変わっていて、「あ

スキ
304

よりよい社会を創るための仲間集め?!「パブリック・アフェアーズ」は奥が深かった話

突然ですが、みなさん「パブリック・アフェアーズ(以下、PA)」という言葉をご存じでしょうか?私は「PA=ロビイング」と混同していて、大企業にしか関係ないものと思っていました…(恥ずかしい)。 でも、実はPAは、スタートアップ企業だからこそ必要な活動だったのです。その背景と理由を、9/29(火)に開催したオンラインイベント「イノベーションで社会を変える、新しい産業を生み出す政策づくり」の内容とともに、ご紹介したいと思います! 本イベントには、政府の立場からベンチャー産業の政

スキ
27